中学受験の国語はなぜ軽視されがちなのか

唐突ですが、タイトルにある問の結論から書きます。

「『受験科目の国語』を『日常の日本語』と混同しているから」

です。



『受験科目の国語』は、
『日常の日本語』の能力を測っているわけではありません。


基本的に、目標としている中学校は、
日本に暮らす生徒に門扉を開いていますよね。
当然全員が日本語を話せることは前提です。

小学生の時に国語があまりできない子でも、
大人になればほぼすべての人が仕事をする上で
問題のない日本語能力を持つようになります。

日常の日本語能力など、わざわざ入試にする意味がないのです。

しかし受験科目にしているということは、
学校側は入学してくる生徒に何らかの能力を求めているわけです。

それは入試問題の問そのものに現れるものなので、
・論理的に正確な読解能力
・適切な文章表現能力
と言えましょう。

(「漢字・語彙の知識」も最低限は求められています。)


よく国語を勉強しない言い訳として聞かれる

「結局、本を読んだ量でしょ?」
「いつでもできる、勝手に(自然に)できるようになる」

というのは、日常的な日本語を使う能力のことであって、
中学受験の国語にはあてはまりません。




また、「点数が伸びにくいから勉強のし甲斐がない」
という意見もありがちですね。

これも、受験勉強なのに「日常の日本語」だと勘違いしたままなので、
(読書や経験以外)勉強のしようがない、という思い込みなのです。



国語の点数を伸ばす(偏差値を上げる)のは、
確かな勉強法があります。

なんとなく解いているうちは、
現在の語彙力の範囲で?たまたま”読めた時に得点が取れるだけなので、
まるでギャンブルのように点数が乱降下しているんですね。



例えば、読解の前提条件となる語彙力については、
・数が多すぎてカバーしきれない
・あいまいに理解している
という問題を抱えているかもしれません。

語彙力が足りないなら、
文章を読んで出会ったあやふやな語彙を
1日1個ずつでもノートにつけるなどして
地道なところから始めましょう。

そもそも、そのようなコツコツ努力も
「受験勉強」のひとつですよね。



中学受験において国語は算数よりも軽視されている?
というイメージを持つのは国語が苦手なお子さんとその親御さんに多いですが、

塾も学校(問題を作る先生)も、そんなことは微塵も思っていないです。


最後に繰り返しになりますが、
『受験科目の国語』は『日常の日本語』とは別モノなので、
明確な勉強法があります。
それを自信をもって示している塾を探してみましょう。